読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなりっきーの書き留め

沖縄のエビ中ファミリーが書く雑記です〜😭

雑記①

こんばんは。

 

時計が23:00を指しました。

絶賛エモーショナルタイム突入中。

パンヤパンヤパンヤ

 

りっきーことひなりっきーでごわす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き出しでスベるのめっちゃいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し今日も書きます。あくまで書き留め。

あくまで書き留めね。あくまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は2月25日。

 

2週間ほど前まで、今日という日が来ることはどこか雲の上の話のように思っていました。

 

松野莉奈を送る会。

 

送りたくない。

送れない。

欲を言えば。

 

 

でも遠く離れた沖縄にも、横浜の青すぎる空の様子は画面越しに伝わりました。

青すぎるんですよ。ほんと。

 

 

僕は今日、たこやきレインボーの1stアルバムのリリースイベントが沖縄で25日26日の2日間行われるということで、そこに参加するつもりでした。

 

もちろん、25日のたこやきレインボーのイベントは中止(26日は規模縮小ながら開催)。たこやきレインボーのメンバーは横浜へあまりに早すぎるお見送りをしに行ったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼過ぎ。

メンバーの様子がネットニュースに載りました。

言葉にできない想い、悔しさ、苦しさ、悲しさ。

全てを飲み込み、喉元で殺し、一見すると気丈な様子でした。

 

これがエビ中の強さであり、最大の武器なんだと確信しました。

 

彼女らは戦っています。

この戦いは一生続くかもしれません。

想像するだけで計り知れない壁を感じます。

 

それでも、戦うんです。

そして僕らにその強さと優しさを、笑顔で体現するんです。

 

こんなにも団結力があり、

 

こんなにも仲間を想い、

 

こんなにも悲しみ、

 

こんなにも苦しみ、

 

それでも笑顔をみせる。

 

 

そしてなにより、

 

こんなにも優しさに溢れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は今、私立恵比寿中学というアイドルグループを、全力で、全身全霊をかけて、応援しようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが僕が彼女たちにできる最大の手助けであるならば、

惜しみませんし、惜しむという感情が芽生えません。

 

 

 

 

むしろそれが、僕の誇りになる。

 

本気でそう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前、学校の後輩と道端で出会って雑談をしていました。

 

そして僕がオタクだと知らなかった後輩に僕はこう言いました。

 

エビ中ってグループが好きなんだよ。」

 

 

 

すると後輩はこう言うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビ中の子って亡くなったよね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実を突きつけられた気分でした。

これが一般人の感想なんです。

 

所詮他人事なんです。

所詮ニュースの見出しなんです。

 

そして僕はこう返しました。

 

 

「そうだよ。悲しいけど。」

 

 

 

引きつった顔で後輩を見ました。

そして後輩にりななんの画像を見せました。

 

 

「こんな可愛い子が、、、。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてりななんの画像だけじゃなく、メンバーのいろいろな画像を見せました。

後輩は次にこう返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビ中って、いいね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この瞬間僕は、涙が溢れそうになりました。

そう、エビ中って「いい」んです。

漠然としてるかもしれないけど、その「いい」は確実に伝わったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたらこれから人生の中で、エビ中のことを人に話す機会があるかもしれません。

いやあるはずです。

 

そしてこう言われるかもしれません。

 

エビ中の子って亡くなったよね。」

 

 

 

でもこれがいつか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビ中ってかっこいいよね。」

エビ中って本当強いよね。」

エビ中は一番頑張ってるグループだよね。」

 

 

 

 

 

 

そう言われるように、

 

いや違うな、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビ中っていいよね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかこう言われるグループになると、僕は確信してます。

なぜならエビ中は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しさに溢れているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しさは人に伝染するんです、きっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので時間はかかるかもしれない。

いや、確実にかかる。

でもいつか上を向いて、

 

りななんの優しさのように、

 

僕たちも人に優しくできたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとファミリーですよね。